FC2ブログ

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

存続って・・・なに?――助動詞5「たり」6「り」

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ

■目次


 ▶存続ってなに?
 ▶これは大事!「たり」と「り」の違い
 ▶例文を見てみよう
 

存続ってなに?


助動詞にも慣れてきましたか?
次は「たり」と「」を見ていきましょう!

siraberu.jpgLupuca

2つとも「完了」をあらわします。

だんだん助動詞に慣れてきたところで、1つ新しい知識です。
ここまで、助動詞の紹介をする際に「『~』をあらわします」という言い方をしてきました。
これを助動詞の「意味」と言います。
「たり」と「り」の「意味」は?
と聞かれたら「完了」と答えます。
もし助動詞の意味をきく問題に出くわしたら、こんな感じで対応してください^^


さて、「たり」「り」ですね。
「完了」なら、すでに「つ」「ぬ」があるんですけど…と思いますよね。
「たり」「り」は「完了」だけでなく、「存続」という意味があります。
~ている」と訳しましょう。

じつは、この「たり」こそが、今私たちが使っている「~た」のご先祖だと言われています。
見た、聞いた、書いた、などなど、過去をあらわすときには「~た」という言い方をしますが、その元になった助動詞なんですね~!
なぜ「完了」「存続」の「たり」が、「過去」の「~た」になったのかは大学に入ったら研究してみてください^^

ということで、「完了」「存続」の「たり」「り」、頭にインプットできましたか?
「完了」と「存続」のどちらが適当かはその時々です。
後で例文を見ましょう♪

目次にもどる
simpleblueline.png

これは大事!「たり」と「り」の違い



「たり」と「り」の違い。
それは、前にくる音の違いです。

  イ段の音 につくのは「たり」
  エ段の音 につくのは「り」

例えば、

  「書く」 + 「たり」 = 書たり
  「書く」 + 「り」   = 書

となります。
「たり」の前は「き」というイ段の音。
「り」の前は「け」というエ段の音。

私たちは古文のネイティブスピーカーを目指しているわけではありません。
どう使い分けるのかを考える必要はないです。
「たり」の上には「イ段の音」、「り」の上には「エ段の音」。
これさえ分かっていれば大丈夫。

「たり」は連用形に接続。
「り」はサ未四已(サミシイ)に接続(=サ変動詞未然形と四段動詞已然形)。
参考書では、このように説明していると思います。

はやい話が、
 
  イ段音 + たり
  エ段音 + り

ということを言いたいのです。
きちんとした言葉で説明すると「~接続」という言い方になります。
まぁ難しいことは置いておいて。
できるだけカンタンに理解しちゃいましょう。


注意すべきは、形が変わって(活用して)見つけにくいのか? ということ。
「たり」は、「たら」「たる」「たれ」などに活用するので、覚えなくてもすぐに見つけられると思います♪

問題は「り」です。
「り」は一文字ですが立派に活用しちゃいます。

  ら/り/り/る/れ/れ

一文字なので見つけるのが難しいかもしれません。
が!!
前の音は「エ段の音」ということを覚えていればよく注意すると見つかります。
とにかく、「ら」「り」「る」「れ」が出てきたら、前の音を確認するクセをつけましょう。

目次にもどる
simpleblueline.png

例文を見てみよう



それでは、例文。
hananoen-wc1.gif

  生まれける年は知りたりや。
  →生まれた年は知っているか。

  うれしくも対面したる。
  →嬉しくも対面した(ている)

  言ふ言ふと思へる気色、
  →言う言うと思っている様子、
 
  御出家し給へり。
  →御出家しなさっ
  ※「給ふ」は「~なさる」と訳す尊敬語です。

「たり」と「り」、見つけられましたか~?
「たり」は簡単に見つかりますね。
「ら」「り」「る」「れ」が出てきたときは必ず前の音を確認してください。
「エ段の音」であれば、ここに「り」があったか!
と見抜けますよ^^

また、「完了」と「存続」はその時々で考えよう。
と上に書きましたが、見当がついてきましたか?

「知る」という動詞は、「完了」できるものではなくて「存続」するものですよね。
一度「知った」とこは「ずーっと知っている」ものです。
「対面する」は、場面の状況に合わせてください。
今もまだ対面しているなら「存続」。
相手がもうそこにいないなら「完了」。

こんな感じです。
実際に古文を読み始めてからの方が、つかみやすいかもしれませんね^^


関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ママみーさん

Author:ママみーさん
元国語科の教員です。
高校で教えていました。
古文や現代文が苦手な中高生さんの手助けになればと思い、ブログを始めてみました。
若手教員向けに失敗談や面白エピソードを大公開。
自分もついに母となったので、家庭教育としての読み聞かせの取り組みもご紹介します^^

カテゴリ
ユーザータグ

子育て 授業 絵本 ベビーサイン 言葉 助動詞 

最新記事
参加ランキング
参加ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。