スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本の読み聞かせをする目的は?

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ
ご訪問ありがとうございます^^
今日は絵本の読み聞かせをした成果(?)をご報告してみます。

絵本の楽しみ方には段階があった!

 book2.jpg
読み聞かせの目的はいろいろあると思います。
本に親しむ入口として。
文字を自然に習得させるため。
集中力を養うため。

以下、実際に子どもに読み聞かせをしてみて気付いたことです。
絵本に自発的に関わり始めたのは、10か月以降でした。
それ以前は、私発信で「本読んであげるね~」という感じで読み始めていました。
(読んであげれば、笑う喜ぶなどの反応はあります。)
10か月あたりから、たくさんのおもちゃの中から、自分で絵本を選んで持ってくるようになりました。
内容が好きというよりは、もしかしたら絵本を通じてのふれあいが楽しかったのかな? と思います。

言葉が分かるようになってきて、ベビーサインも5種類以上出せるようになった1歳以降、絵本が好きという気持ちが芽生えたと思います。
保育園の先生に「読んで」と絵本を持ってくるらしいのです。
親以外の大人に絵本を読んでとせがむのは、絵本そのものを好きになったということかな? と思いました。

内容を楽しむようになったのは1歳1か月くらいから。
「もっと」というベビーサインを出して、同じ絵本を何度も読んでほしがるようになりました。
最後まで読んだらすぐに最初のページを開いて「もっと」のサイン^^;
5,6回続けて読むと、やっと満足して他の絵本を出してくれる、という感じでした。
本の内容にあったサインを出しまくって、とても楽しそうでした。

1歳6か月になると、内容を真剣に見るようになってきました。
絵から目を離さず、同じページを10秒以上見つめるのです。
それ以前は、はやくページをめくりたい! という感じだったのですが、少し集中力がついてきたのかな? と嬉しく思いました。
朝早起きしたときに、わざわざ寝室を出て隣の部屋に行き、絵本を手に布団に戻ってきて寝ている私を起こして(AM5:30)読ませるということもありました(3冊×4,5回)。
(仕事中にものすごい眠気に襲われた私でした。)

このように、絵本を好きになっていく過程を見ていると、「好き」にも段階があるということが分かってきました。
子どもの発達速度や言葉の習得状況によると思いますので、第2子が同じ過程をたどるわけではないと思います。
それぞれの子どもにそれぞれの段階があるのだろうなぁと推測します。

子どもの小さな成長を見逃さず、「好き」の段階に応じた目的を設定したいですね^^
うちでは、現在は集中力を養うことが主な目的かなぁ・・・。
一応、少し長めの絵本を読み聞かせています(o・ω・)ノ
おもちゃも少し指先を使うような細かい作業の入ったものを置いてみています。

小さいうちはふれあいメイン

motherbaby.jpg
1歳以降、ストーリー性のある絵本が楽しめるようになってきたら、絵本や本の世界を楽しむことになります。
この段階に入ると、本の世界に入っている子どもを邪魔してはいけない、とよく言われます。
具体的には、真剣に聞いている(読んでいる)子どもに、「すごいよね」とか「大きい○○だね」とか、横から声かけをしてはいけないということです。

これは、大人に置き換えて考えると分かりやすいと思います。
ドラマや映画を観ているとき、横から感想を言ってきたり意見を言ってきたりする人っていますよね(私です)。
せっかく作品の世界に入り込んでいるのに(旦那が)、横から色々言ってきてうるさいことこの上ないでしょう(ごめんね)。
しかし、子どもの邪魔になってはいけない(°_°)!
読み聞かせのときには、読んでいる最中に声かけは絶対にしないでおこうと肝に銘じています。

ただし、それはストーリーのある絵本になってからのお話です。
言葉が分かるようになるまでは、お父さんお母さんとのふれあい込みで絵本を楽しんでいると思います。
絵本だけをじーっと見ているのではなく、お父さんお母さんの顔を見たり、膝の上に抱っこされているのを楽しんだり。

ですので、少なくとも10か月頃までは、読み聞かせのルールや効果を気にするよりも、愛情いっぱいに読み聞かせてあげると良いと思います♪
ときにはキリの良いところで「面白いね」と話しかけたり、ジェスチャーをして見せてあげたり、ぎゅっと抱っこしたりするのも良いのでは、と^^

子どもが本に集中しきれていなくても、それはその子にとって好きの段階がそのレベルだということ。
この段階では、「絵本を楽しいものだと覚えてもらうこと」を読み聞かせの目的にするとピッタリくるかな、と思います。
好きの段階は少しずつ上がると思いますので、根気よく読み聞かせに取り組めれば良いですね♪

以上、1歳半までの読み聞かせ実践報告でした!
次は2歳までのまとめもご報告したいと思います^^
関連記事
スポンサーサイト

tag : 子育て 絵本

comment

Secret

プロフィール

ママみーさん

Author:ママみーさん
元国語科の教員です。
高校で教えていました。
古文や現代文が苦手な中高生さんの手助けになればと思い、ブログを始めてみました。
若手教員向けに失敗談や面白エピソードを大公開。
自分もついに母となったので、家庭教育としての読み聞かせの取り組みもご紹介します^^

カテゴリ
ユーザータグ

子育て 授業 絵本 ベビーサイン 言葉 助動詞 

最新記事
参加ランキング
参加ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。