スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと一息!――助動詞3「つ」4「ぬ」②

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ

■目次


 ▶オマケの用法①強意
 ▶例文を見てみよう
 ▶オマケの用法②並列
 


オマケの用法①強意


「完了」の用法が8割を占める「つ」「ぬ」ですが、2つおまけがあります。
強意」と「並列」です。
2つとも、ぜーんぜん難しくないです。
さっそく見ていきましょう。
shukudai.jpg


simpleblueline.png


「強意」は、「きょうい」と読みます。
「強意」は文字通り、他の助動詞の「意」味を「強」めます。

ということは?
・・・他の助動詞にくっつくのです^^!
くっつくといっても、難しくありません。
単独の「つ」「ぬ」より見つけやすくなるので、とってもカンタンです。

  「つ」 + 「む」  = 
  「ぬ」 + 「む」  = 
  「つ」 + 「べし」 = べし
  「ぬ」 + 「べし」 = べし
  「つ」 + 「らむ」 = らむ
  「ぬ」 + 「らむ」 = らむ
  「つ」 + 「まし」 = まし
  「ぬ」 + 「まし」 = まし

これだけです。
多いですか?
いえいえ、大丈夫!
全部まとめて、声に出して覚えちゃいましょう。

てむ なむ つべし ぬべし つらむ ぬらむ てまし なまし

てむ なむ つべし ぬべし つらむ ぬらむ てまし なまし♪♪
リズミカルに口ずさんでみてください(^∇^)ノ
10回も繰り返せば覚えられそうでしょう?

では、現代語訳はどうするの?
くっついた助動詞の意味を強める言葉をあてます。
実はくっついている助動詞は全て「推量」。
「~だろう」にくっついて意味を強めるので、「きっと」がしっくりきます。
「絶対あの二人付き合ってるって~!」
と言う時なんかの「きっとそうに違いない!」という気持ちが「強意」です。

目次にもどる
simpleblueline.png

例文を見てみよう



では例文。

komati-wc6.gif


 髪も長くなりなむ。
 →髪もきっと長くなるだろう。

 かの人、文書きつべし。
 →あの人は、手紙をきっと書くだろう。

こんな例文が訳せるようになったなんて、なんだか嬉しくないですか?
覚える前だったら、やたら難しそうに見える文も、知ってしまえばカンタン。
ザ・古文、という感じの一見難しそうな文も、余裕で読めるようになってきましたね。

目次にもどる
simpleblueline.png

オマケの用法②並列



次は「並列」。
「並列」は、「へいれつ」と読みます。
これは本当に「助動詞」なのか疑わしいほど単純です。
実際には「助詞」の働きに近い…。
形も完全に決まっているし、現代語訳も完全に決まっている。

  ~~つ、~~つ
  ~~ぬ、~~ぬ

という形です。
訳は「~たり~たり」です。

例文を見ればすぐに分かります。


  浮きぬ沈みぬ
  →浮いたり沈んだり

現代語でも
 
  ためすがめ(矯めつ眇めつ)

という言葉が、少し古い書物なんかに出てきます。
この「つ」がまさに「並列」です。

  じっと見たり細目で見たり
  (よ~く見る)

という意味。
「並列」にはひっかけや見つけにくさもありません。
覚えるというよりは知っているだけでも現代語訳ができちゃうレベルのカンタン用法です。

以上で「つ」「ぬ」は終了です!
思ったよりも苦労せずどんどん知識が増えてきていませんか?
古文ってこんなもんなんです。
意外と分かりやすい! と思えてきましたよね?^^


関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ママみーさん

Author:ママみーさん
元国語科の教員です。
高校で教えていました。
古文や現代文が苦手な中高生さんの手助けになればと思い、ブログを始めてみました。
若手教員向けに失敗談や面白エピソードを大公開。
自分もついに母となったので、家庭教育としての読み聞かせの取り組みもご紹介します^^

カテゴリ
ユーザータグ

子育て 授業 絵本 ベビーサイン 言葉 助動詞 

最新記事
参加ランキング
参加ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。