スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完了って・・・なに?――助動詞3「つ」4「ぬ」①

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ

■目次


 ▶完了ってよくわからない
 ▶完了をカンタンに処理しちゃおう
 ▶「つ」と「ぬ」の違いって重要?
 ▶例文を見てみよう

完了ってよくわからない


さて、次の助動詞は2つ同時に見ていきましょう。
「つ」と「ぬ」です。

これらは、「完了」をあらわします。
現代人の私たちには少し理解しにくい概念です。
昔の日本には「完了」があったんですねぇ。

英文法を習うと「完了」が出てきますよね。
最初はなんと訳したら良いのか、つかみにくい時制だったのではないでしょうか?
それもそのはず。
私たちが普段使わない考え方なので訳すのはとても難しいと思います。

nayamuonnnanoko.jpg

とりあえず、「~てしまう」と訳して納得するしかない……みたいなヤツ、それが「完了」。
このように理解していませんか?
このやっかいな「完了」、もっとカンタンにあつかえないかな?
と、気になってきましたね~。
それでは、思い切ってめちゃくちゃカンタンにしちゃいましょう!
目次にもどる

完了をカンタンに処理しちゃおう


まずは、基本の理解から。
「完了」と「過去」との違い――それは、点か、線かです。
「過去」はある一点、例えば 昨日の5時 などを指します。
対して、「完了」は始点と終点をもった線分、
例えば 昨日の5時~6時 などを指します。

昨日、皆さんが野球の試合を観戦したとします。
試合の始めから終わりまでもれなく観たなら、

  昨日、野球の試合を観戦し

とあらわします。
もし、テレビでチラ見しただけなら

  昨日、野球の試合を見

と、過去にします。

でも
この例文、訳すとどちらも「~た」とするのが自然なんです。
「完了」を意識して、

  野球の試合をすっかり観戦してしまった

としても良いですが、

  野球の試合を観戦した

でも良いです。
完了は、「~てしまう」と訳しても良い。
でも、もっとシンプルに、「~た」と訳しても良いのです。
(本来「過去」と「完了」は全くの別ジャンルです。
大学生になって興味があればぜひ研究してくださいね^^
詳しくは教員の方向けの記事に書きます。)


完了を「~た」と訳しても良いんだ!
と思えるだけで、格段にとっつきやすく感じませんか?
目次にもどる

「つ」と「ぬ」の違いって重要?


それでは、「つ」と「ぬ」の違いは?
それは、他動か自動か、です。
意識的に何かをした場合は「つ」を、知らない間に自然と行われた場合は「ぬ」を使えば良いのですが……
これは、正直どーでもいいです。
古文のネイティブスピーカーを目指すわけではないので、「つ」も「ぬ」も「完了」。
どっちも「~た」と訳す。
これでよし。
「つ」と「ぬ」の違いは重要ではありません。


で、ここからは重要です。
「つ」も「ぬ」もそのままの形で出てくるより変形して(活用して)出てくる方が圧倒的に多い。
しかも形が変わるだけでなく他の助動詞とくっつきます。

と言うと難しく感じますが、実はぜーんぜん難しくないです。
むしろ定番化していて分かりやすい。
「つ」「ぬ」にくっつくのは、過去「き」「けり」です。

  「つ」 + 「き」   = 
  「つ」 + 「けり」  = けり
  「ぬ」 + 「き」   = 
  「ぬ」 + 「けり」  = けり

この4つを覚えるだけ!
文中にあっても見つけやすいと思いますよ^^
これを見てもわかるように、「完了」は「過去」とくっついてしまうので、訳し方はますます「~た」で良いですよね。

あと、知っておくべき「つ」の活用は、
つる」「つれ」「てよ」
です。
「てよ」は気付きにくいかもしれませんがめったにないです。(命令形なので文末。)
知っておきべき「ぬ」の活用は、
ぬる」「ぬれ」「ね」
です。
同じく「ね」はめったにないです。(命令形なので文末。)
目次にもどる

例文を見てみよう


YAMAyamasha-04-thumb-autox1600-31291.jpg

では例文。

 月かたぶきぬ。
 →月が傾い

 夜ふけぬれば、
 →夜がふけので、
 (なぜ「ので」と訳すかはまた別の記事で。)

 狐、逃げにけり。
 (狐は逃げ。)

 そこに日を暮らしつ。
 →そこで一日を過ごし

文中に出てくる「つ」「ぬ」に気づけましたか?
活用したり「けり」とくっついたりしていても、見つけられるようになればなかなかのものです^^

覚えたこの瞬間からさっそく使える「つ」と「ぬ」。
古文の知識が増えてきました。
今や、「き」「けり」「つ」「ぬ」が出てきても恐るるに足らず!
古文がどんどんカンタンになってきましたね~^^

「つ」「ぬ」については、少し補足しますので次の記事も読んでみてくださいね。
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ママみーさん

Author:ママみーさん
元国語科の教員です。
高校で教えていました。
古文や現代文が苦手な中高生さんの手助けになればと思い、ブログを始めてみました。
若手教員向けに失敗談や面白エピソードを大公開。
自分もついに母となったので、家庭教育としての読み聞かせの取り組みもご紹介します^^

カテゴリ
ユーザータグ

子育て 授業 絵本 ベビーサイン 言葉 助動詞 

最新記事
参加ランキング
参加ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。