スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつから塾に通わせるべき?

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ
GW真っ只中ですね^^
私は暦どおりのお休みなので、なか日の今日明日も出勤でーす( ̄^ ̄)ゞ

教育投資は早いほどよい

さて、皆さまお考えください。
いつから子どもを塾に通わせるべき?

hatena.jpg 

答え、子どもへの投資は早ければ早いほど良い! 
良い、というのは費用対効果が高いという意味です。

幼児教育の重要性について解説されている「東洋経済オンライン」の記事のリンクを以下にご紹介します^^

 〈http://toyokeizai.net/articles/-/73546〉(2017年5月1日)

塾のお話はひとまず置いておきまして、幼児教育が好影響をおよぼすということをお伝えいたしました。
特に、記事中でキーワードとなっている「非認知的スキル」という単語。
気になられた方は、検索してみてください。
よく使う言葉に言いかえてみますと、「忍耐力」「社会性」「協調性」「計画性」「自信」などでしょうか。
一目見ただけでも、あるに越したことはない能力だ~!
収入や持ち家率、犯罪率にも有意差が確認されたようです。
子どもに幸せな人生を送ってほしいと思う親心的には、是非ともつけてあげたい能力ですね(*´-`*)

また、早期教育という観点で、幼児教育は早い方が良いということを解説されている、同じく「東洋経済オンライン」の別記事リンクも以下にご紹介します。

 〈http://toyokeizai.net/articles/-/118068〉(2017年5月1日)

こちらは、脳科学の発達により、幼児教育の研究が進んだとの記事です。
3歳になるまでは神経細胞がものすごい勢いで増え続ける、と。
その大切な時期に良質な早期教育をほどこすと良い、と。
なんとなくそらそーやろなと思いますが、研究によってはっきりと証明されたということで^^

初めて気づいた核家族のデメリット!

kazoku.jpg

2つ目にご紹介した記事では、家庭の階級によって、子どもにかける言葉の数に大きな差があることにも触れています。
家の階級というか、私の実感としては、ここへきて核家族なのがマイナスになっている!という印象です。

特に育休中は、日中、子どもと私のサシですやん(°_°)
明らかに言葉がけが足りなかったやろうなと思います。

昔みたいな大家族なら、私が家事をしている間でも、おばあちゃんが世話をしてくれたり、おじいちゃんがひざに抱いてくれたり、誰かしらが子どもと一緒にいてくれる環境が自然とあったんでしょうねぇ。

核家族が激増している、というか基本形態となっている、現在の日本では親は意識的に子どもにたくさん言葉がけするようにしなければならないとも言えます。
その意味では、ベビーサインに取り組むというのも、意識的な言葉がけの一つとして有効だと思います。

子どもが小さいうちの親のかかわり方、本当に大事ですね。
最初からそう思って子育てできていたら良かったのですが、言葉がけの少なさにハッとしたのが、子どもが10か月の頃で…。(ベビーサインは6か月くらいから始めてましたが。)
だからうちは言葉の発達が遅めなのかも!(読み聞かせの記事でもたびたび書いていますが、言葉の発達が遅くてちょっとあせった時期もありました。)

皆さま、私を反面教師として、お子さんにたくさん言葉のシャワーを浴びせてあげてください^^

高校生からの塾より小学生からの塾

PAK85_pentonote20140313000808_TP_V.jpg 

このブログのセールスポイントでもある実体験にもとづくお話(別名、私の主観)。
旧帝大クラスの大学に受かった生徒たちに共通していたのは小学生からの塾通いでした。
決して塾を推奨するわけではありません!
私の友人で、一度も塾に通ったことがなく、習い事もしたことがなく、旧帝大に合格している人がいます。

これも結局は、早期の方がコスパが良い! という上記の記事と同じことです。
基本を習っている時期に塾に行かせた方が、学習の土台がしっかりするということだと思います。
逆に高校生から塾に行く、それもとりあえず塾という感じで通い始めるのは、かなりおススメできないですね。

3年生になって、受験学年やしそろそろ塾、これはもう最悪手です。
朝から夕方まで学校で授業を受けて、その後塾に移動して授業を受ける。
これは、インプット+インプット。ですね。
朝から晩までインプット。
インプットの時間をこんなに増やしても…という感じです。
自分で練習問題を解いたり、過去問を解いたりする時間を取った方が絶対に良いです。
勉強はアウトプットをしてなんぼです。
自習室的な役割の塾で、先生にいつでも好きな質問をできるというタイプのところなら効果はあると思います。
ただ、この場合も、家で自分で勉強して、分からないことは学校の先生に聞く、でも成り立つので塾は必然ではないです。

旧帝大に見事合格した子のご両親は、このあたりをよく理解なさっていました。
中学生以上で塾に行かせるより、小学生で基礎をしっかり作っておくつもりで、小学生のときに中学受験をしないにもかかわらず塾に行かせていたそうです。
これは、勉強の内容よりも、勉強を習慣づけることを重視されていた面もあるようです。
机にむかって集中して学習に取り組む練習。
これを小学生のときにしておけば、中学生以降は塾に行かせなくてもなんとかなる、と。
どんだけしっかりと将来を見据えた親御さんなんだーー!!Σ(゚□゚ )
普通、中学受験しないのに塾に行かせようと思うか?!
このお考えを聞いたときには、自分が親になったら是非見習おうと思いました。

以上のことは、小学生から塾に通わなくても、家庭での取り組みで実現できることです。
全く塾推奨派ではありませんので悪しからず。
もしも行かせるなら早いうちに、という一つの意見としてお受け取りください^^

人にすすめられた塾に行かなくていい

udekumi.jpg 

以下余談です。
結局は、塾も学校も、良い先生にあたるかどうかという運試し的な面が多少あります。
フランチャイズ式の幼児教育教室も同じです。
どんな看板をかかげたところでも、実際の担当の先生が良いか悪いかによって結果が全然違います。
違う地域のママ友が、「○○教室良いよ~」とか「○○塾はおススメ」とか言ってくれても話半分で聞いておかれたら良いと思います。
その地域は良いのかもしれませんが、自分の地域の同教室が良いかどうかは分かりません。
公文は教材メインなので、地域差や教室差は限りなくゼロに近いとは思います。

友人の妹が行っていた塾は、関西中心に展開している有名塾でしたが、なぜか算数の先生が文章要約の練習もよく見てくださったそうです。
その子は小学6年生のときに、かなりみっちり文章要約に取り組み、大人になった今でも読書スピードがべらぼうに速いです。
彼女はハリーポッターくらいの本なら1冊1時間以内で読めます。
1cm程度の文庫本も1時間くらいですね。
うらやましい~!
かといって、彼女が通った塾の別の教室に通っても、文章要約はやってもらえないのです。
そんなカリキュラムはないからです。
その算数の先生が単独ですごかっただけです。
その先生に教えてもらった子たちは大当たりですね。
速読の能力は一生の財産ですからね~。

というようなわけで、誰かにどこかの塾をすすめられても、
「あ、そうなんだ~。教えてくれてありがとう❤」
と言っておいて、スルーしておかれたら良いんですよ、というお話でした^^

長々ととりとめもなく失礼しました。
皆さま、良い連休をお過ごしください♪
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ママみーさん

Author:ママみーさん
元国語科の教員です。
高校で教えていました。
古文や現代文が苦手な中高生さんの手助けになればと思い、ブログを始めてみました。
若手教員向けに失敗談や面白エピソードを大公開。
自分もついに母となったので、家庭教育としての読み聞かせの取り組みもご紹介します^^

カテゴリ
ユーザータグ

子育て 授業 絵本 ベビーサイン 言葉 助動詞 

最新記事
参加ランキング
参加ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。