FC2ブログ

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚えておトク!――助動詞2「けり」

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ

■目次


 ▶今日から使える「けり」
 ▶こんなにカンタンで良いの?
 ▶例文を見てみよう
 

今日から使える「けり」


odorokuotokonoko.jpg
過去の助動詞「き」の次は「けり」です。
これもめっちゃカンタンです。
「過去」をあらわします。
ほな、「き」だけでええやん(# ゚Д゚) 
と思うところですが、昔の人は過去を使い分けていたのですねぇ。


simpleblueline.png


「き」との違いとして、よく参考書などで目にするのが、「伝聞の過去」という説明です。
自分自身が経験したことは「き」で表現し、人から聞いたこと、自分が直接体験していないことは「けり」を使って表現していたのですね。
もう一つ、参考書で目にする「気づきの過去」という説明。
これは現在でも意識せずに使っています。

  そうなんだ、知らなかっ
  そうだっのか!

と、新発見したことには、過去形を使っていますよね~。
これが「気づき」の用法です。
また、気づきがあったときというのは感動的ですよね。
そこで、「詠嘆」(とても感動!)の用法も生まれます。
 
  ~だっんだぁ!!(゚ロ゚)

という感じ。

ですが
今、説明したこと、……重要ではありません
私たちは古文のネイティブスピーカーを目指しているわけではなく、理解できることを目指しているからです。
古典文法を「使いこなす」必要はなく、「分かる」で良いのです。
伝聞だろうが気づきだろうが、「~た」と過去で理解すれば良いだけなのです。

ちなみに、和歌の中に出てくる「けり」は、絶対に「詠嘆」(超感動!)です。
「~だったなぁ」「~だったことよ」と訳してくださいね^^
※「き」と「けり」の使い分けをさせる入試問題がまれに出ることがあります。
  志望校過去問でそのような問題を見たことがある人は「伝聞の過去」としての「けり」を頭の片隅に置いておいてください。


目次にもどる
simpleblueline.png


こんなにカンタンで良いの?


「けり」は形が変わっても(活用しても)すぐに「けり」と分かります。
「き」のように活用を覚える必要もないです。

一応紹介しておきます。

  けら/○/けり/ける/けれ/○

簡単なので覚えても良いですね。
覚える場合は「き」と同じく○(まる)を省略しない方がリズミカル♪
これも10回も口ずさめば、若くてしなやかな脳ならすぐに覚えるでしょう。

「けり」で最低限覚えておきたいのは、

 ●「~た」と訳す。
 ●和歌の中で出てきたら「~だなぁ」と訳す。

この2つです。
あれ? まとめたらカンタンすぎる・・・( ゚Д゚)
おトクな「けり」、ぜひ今日から覚えてください^^

目次にもどる
simpleblueline.png


例文を見てみよう



それでは、例文。
C789_chikurintohizashi_TP_V.jpg


  竹取の翁(おきな)といふ者ありけり
  →竹取の翁という者がい


覚えたこの瞬間からすぐに使える「けり」。
古文に対する苦手意識がうすれてきませんか?^^
ちょっとした暗記のつみかさね。
これだけで、古文がどんどん読めるようになっていきます♪


関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ママみーさん

Author:ママみーさん
元国語科の教員です。
高校で教えていました。
古文や現代文が苦手な中高生さんの手助けになればと思い、ブログを始めてみました。
若手教員向けに失敗談や面白エピソードを大公開。
自分もついに母となったので、家庭教育としての読み聞かせの取り組みもご紹介します^^

カテゴリ
ユーザータグ

子育て 授業 絵本 ベビーサイン 言葉 助動詞 

最新記事
参加ランキング
参加ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。