スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

課題はこまか~い段階をもうけよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ
そろそろ寝なければならないママみーです。
でも自分の時間もちょっとほしいしな…。
と、頭の中で言い訳をして夜更かししています。

細かいステップを

kaidan.jpg
apenas um olho de vidro..
今回は、子育てにも授業にも使えるちょっとした工夫をご紹介したいと思います!
これは私のオリジナルではなく、なんか偉い本からの受け売りですので、安心して実践してみてください(笑)。

新人の頃に授業を崩壊させてしまい、別の学校に赴任するときに「なんとかしなければ」と色々な本を読んで、今でも頭に残っているもののご紹介です。
本のタイトルは忘れてしまいました。
新しい赴任先の図書室にあった本です(^^ゞ

さて、その内容は…
子どもや生徒たちに課題を与えるときは、最終目標まで細かいステップを設けること!
という教えです。

教える側からしたらほとんど差がなく思えることでも、教わる側にはものすごい段差に感じられるそうです。
1+1
の次にいきなり
3+2
を教えるのは無謀だということです。
これ、教える側からしたら、段差なんてある? と思ってしまうような、些細な差に見えます。

1+1ができたら、次は2+1、3+1、・・・のステップをちゃんと踏んであげる。
1+2、2+2ができるようになったら3+2ができるのだそうです。
なるほど!
〇+1に慣れていないときに、3+2は確かに難しいわ…。

子どもの立場から考えると、目標に到達するまでにものすごーく細かいステップがあるのですねぇ。
ちょっとずつ「できた!」が積み重なり、できた! の過程を楽しみながら、ゴールまで辿り着いてくれるのが理想的なスタイルですね♪

保護者の皆さま、お子さんが何かに取り組まれるときには、少しずつ少しずつできるようになっていかれます。
のんびり見守ることが大事だそうです^^
すみません、全部本の受け売りです(笑)。
お子さんに何かを教えてあげるときには、レベル1から始めて、少しずつレベルを上げていってくださいね~^^

コスパの良いテスト!

若手教員の皆さま、生徒たちに課題を出すときには、どの教科であっても時間の許すかぎり段階を踏んであげてください。
時間は有限なので、できる限りで。
クラスの9割の子がスラスラできるという目安で課題を出されたらピッタリかもしれません。
残り1割の子は、解説を聞いて「なるほど」と思ってくれれば、回数をこなせばついてきてくれるかな??
上位層を手持ち無沙汰にさせてもいけませんし、レベルの設定は悩みどころですが;

私が小テストを作るときに意識していた構成はこんな感じです。
問1~問5は全員できなければならない基本問題。
問6~問8は時間をかけて考えればできる応用問題。
問9・問10は実際の入試問題にチャレンジ!
毎回必ずこの構成でいけるわけではないですけど、できるだけこんな感じにしていました。
もっと小さい規模の小テストの場合は、問9・問10がないバージョンで。

こういう意識で問題を作成しておくと、解説のときにラクなので(^^ゞ
「これは全員できてなあかん問題やで」
「この問題ができた人は力がついてきてるよ~」
「これは○○大学で出た問題やで! できてたら凄い!」
とか言いながら解説できます。
こういう風に解説すると、自分も生徒も緩急つくというか、ダレにくいです。
テストの解説ってかったる~い感じになりがちじゃないですか?
(私の教える実力がないだけかも。)

せっかく多大な労力を使ってテストを作るのなら、めちゃくちゃ効き目のあるものにしたいですよね。
コスパの良いテスト!
これが理想です^^
全員がラクに上っていける階段を作り、たまには上位層が楽しめるくらいの階段を作り…。
大変ですが、見返りは大きいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

tag : 授業

comment

Secret

プロフィール

ママみーさん

Author:ママみーさん
元国語科の教員です。
高校で教えていました。
古文や現代文が苦手な中高生さんの手助けになればと思い、ブログを始めてみました。
若手教員向けに失敗談や面白エピソードを大公開。
自分もついに母となったので、家庭教育としての読み聞かせの取り組みもご紹介します^^

カテゴリ
ユーザータグ

子育て 授業 絵本 ベビーサイン 言葉 助動詞 

最新記事
参加ランキング
参加ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。