スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功したかにみえた授業実践の後日談…

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ
日曜日の昼下がり、今日の関西は春らしい陽気です^^
子どもが昼寝中なのでゆっくりコーヒータイムです♪
(この記事記載時は13:00でした~)

さて、昨日ご紹介した改革成功体験ですが実は後日談がありまして(^^ゞ
故意にかくしたワケじゃないんですよ!!(゚Д゚;)
記事が長くなったので切ったんですよ!

成績のつけ方に非常に難儀したというオチ…。
なんせ、文法を1学期間みっちりと叩き込むので、成績下位グループでも結構しっかり仕上がります。
こちらとしても文法は読解の土台となるので、100%近く完璧に使いこなしてほしいんですよね。
そうなると、定期テストでの平均点が90点とかいう驚きのインフラ状態となり得点に差が出ません。
みんな90点とか95点とか取れてる…。
真面目な子は100点取れてる!ヽ(≧∀≦)ノ

それで何が困るかと言うと、ほぼ全員に「」をつけなければならないような事態となります。
さらには、85点取れているのに「3」になるなど、本人や保護者にとって納得のいかない成績となります。

これもベテランの先生に怒られました。
100点取れるテストって何やねんと。
いや~、私としては狙いがありましてですね…
あかん!こんなん非常識や。保護者も本人も納得せんぞ。
確かに…。 すみません…。

みたいなやりとりをして、各クラスの担任の先生に、成績表渡しのときに説明を添えてもらう、というご迷惑をおかけすることとなりました。
幸いにも、その学校は一応進学校であり、内申書での推薦ではなく一般入試突破を狙う高校であったため本人も保護者も高校1年生の1学期の成績をそれほどナイーブに扱っていらっしゃいませんでした。

私としては、

 文法がしっかり身について良かったと思うんやけどな~。
 ただ、成績のつけ方が難しいな~~。

というような結末となりました。

逆に保護者の方にお聞きしたいところですが、やっぱり他とは違う変わった授業をされると不安になるものなんでしょうか?
たしかに、自分が保護者の立場となってみると、その不安を想像できるようにはなりました。
なるほど不安かも…。と。

でも、前回の記事で書いたとおり、一見「問題のない授業」は、ただの伝統の踏襲でしかない漫然としたつまらない授業だということもあるのですよね。
悩ましい問題ですねぇ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ママみーさん

Author:ママみーさん
元国語科の教員です。
高校で教えていました。
古文や現代文が苦手な中高生さんの手助けになればと思い、ブログを始めてみました。
若手教員向けに失敗談や面白エピソードを大公開。
自分もついに母となったので、家庭教育としての読み聞かせの取り組みもご紹介します^^

カテゴリ
ユーザータグ

子育て 授業 絵本 ベビーサイン 言葉 助動詞 

最新記事
参加ランキング
参加ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。