スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【絵本】分かりやすい!おもしろい!―4~6か月の赤ちゃんに

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ

さてさて、前回は長々と家庭教育としての読み聞かせ推奨のお話をしました。
が、私自身はめちゃくちゃズボラな性格なので、ものすごーく気楽に取り組んでいます。
読み聞かせも必ず毎晩!という感じでなく、子どもが乗り気のときだけ~(´∀`*)
としているので(面倒くさいだけともいう)週に3~4回しか絵本を読めていないかも知れません。
先は長いので毎日1冊とか毎日1回とか厳格なルールでやると私の気持ちがもたないから(°_°)
こんないいかげんな人間を母にしてくれてありがとう(=∀=)

赤ちゃんや子どもさんへの絵本の読み聞かせについて、〇〇理論に基づいて~というような確かなものでなく、実践記録としてお読みいただければと思います^^
まずは、0歳児向けのおススメ絵本を月齢にあわせてご紹介していきます。赤ちゃんにもたくさん絵本を読み聞かせてあげましょう♪

カラフルで楽しい雰囲気♪

うちの子の人生初の絵本として買ったのが次の本です。


あらためてご紹介するまでもなく、とっても有名な絵本です。
さすが人気の絵本、赤ちゃんの食いつきが良い!

うちは、まだ一人座りができない4か月の頃から読み聞かせをはじめました。
4か月の赤ちゃんでも、何回か読むとお気に入りのページが出てきます。
タオルの端から顔を出すワンちゃんのページをじーっと見ていました。
私だけでなく、旦那もそのワンちゃんが気に入っているようだと感じたというので、やっぱり気に入っていたんでしょう。
笑い始めるようになると、必ずそのワンちゃんのところで笑うという(/・ω・)/ ♪

しゃべらない赤ちゃん相手だと、コミュニケーションが泣く笑うになるので笑うことでお気に入りを知らせてくれるのは嬉しかったです❤


ベビーサインが始まる前

ベビーサインに取り組み始めたのが6か月頃からですが、子どもがサインを返してくれるようになったのは9か月くらいからでした。
うちは言語の発達がたぶん遅めだと思います。
早い子だとサインは7か月くらいで覚えてくれるんでしょうか??
ともあれ、発達が遅くても早くても、4か月の赤ちゃんは、まだサインを覚えていません。

言葉の世界に住んでいない赤ちゃんにとって、絵本は色や形での刺激だと思うんです。
大人におきかえて考えると、私たちがまったくわからない外国語の絵本を読む体験に似ているのではないかな、と。
そういう状態だとストーリーもへったくれもなく、ただ絵がきれいだから眺めるという感じですよね。

赤ちゃんにとっても、絵がおもしろい、色がきれい、とか楽しめるポイントがあるものが最初に読み聞かせる絵本としては良いかな~と思いました。
この絵本では、しましま と ぐるぐる が赤ちゃんを楽しませるためのポイントです。
まずは赤ちゃんの興味をひいて絵本に慣れてもらおう!
という、絵本のはじまりのときにぴったり。

赤ちゃんにとって、絵本は数あるおもちゃのうちの1つでしかないので、他のおもちゃとは違う面白みを示さないと興味をひけません。
ミッキーのぬいぐるみに勝つには?!
子守歌の流れるメリーに勝つには?!
そんなときに、しましまやぐるぐるが役立つんですね~^^

ながーいお付き合いとなる絵本(関西でよく聞くCMのフレーズ調で)。
なんだかおもしろい、キレイな色のもの、として認識してもらえれば合格点ではないでしょうか(*^_^*)
ここから徐々に絵本というものを覚えてもらえれば良いのです♪


こんな感じで、ゆる~く絵本をご紹介していきます。
なぜ良いと思ったのか、というおススメポイントを添えて。
絵本えらびのご参考になれば幸いです♪
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ママみーさん

Author:ママみーさん
元国語科の教員です。
高校で教えていました。
古文や現代文が苦手な中高生さんの手助けになればと思い、ブログを始めてみました。
若手教員向けに失敗談や面白エピソードを大公開。
自分もついに母となったので、家庭教育としての読み聞かせの取り組みもご紹介します^^

カテゴリ
ユーザータグ

子育て 授業 絵本 ベビーサイン 言葉 助動詞 

最新記事
参加ランキング
参加ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。