FC2ブログ

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿題を出さない授業ってどうなの?

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ
若手教員の皆さま、毎日お疲れ様です。
大変な中にも楽しいことがありますか?
そうであったら良いなぁと思います^^

量より質!を目指す

daiya.jpg 
前回は、公立と私立の違いや、私立のメリットについて書きました。
ただ、中堅私立高校を経験してみて自分なりに思ったのは
「量より質で勝負すべき!」
ということでした。

生徒ができるようになるまで付き合ってあげるのは全然問題ないのです。
が、さすがに夜9時まで補習をやると当然次の日にひびきます。
次の日のパフォーマンスが下がり、小テストでまた赤点を取る。
赤点なので遅くまで補習を受ける。
次の日のパフォーマンスが下がる。
という負の無限ループが始まります。
特に要領のよくない成績下位グループの子たちが陥りやすいループです。

そこで、3年目以降に私がやってみたのは、国語を家で勉強させないということでした。
1年生には、とにかく、
「家で国語はやらなくていいから、英語と数学を頑張って。
そのかわり国語の授業は100%国語のために費やして!
内職は絶対にしたらアカン。
週3コマ×50分の150分で国語は何とかする。」
という約束をし、実際単語を覚える時間も授業中にとりました。
「今から3分あげるし覚えて!」
で、3分後にすぐ小テスト実施という感じで。
授業に緩急がつき、割と最初から最後まで集中してくれたと思います。

国語の宿題の適量とは

国語科を貶めるわけではないのですが、やはり英語や数学で四苦八苦している生徒に国語の宿題も毎日やれ、は物理的に不可能です。
宿題ができていないのに、できている前提で授業がどんどん進み、ついてこられない生徒が4割以上になったらそれは授業が成立しているとは言えないですよね。
というか、そもそも、全国の高校でも国語の宿題をやっている子は全体の半分以下なんじゃないでしょうか?
やっていると見せかけているだけで!ヽ( ̄д ̄;)
なので、宿題を前提に授業を進めるのは無理(みもふたもない)。

というわけで、1年生の1学期の間は宿題は一つも出しませんでした。
1年生の1学期は、古文文法だけをあつかっていたのですが、宿題なしで授業中に暗記時間も取る、というやり方で、9割以上の生徒が文法をものにしてくれました。

私が宿題を出し始めたのは2学期の半ばあたりから、それも1日30分以下になる量にしました。
それでもなお、国語の宿題を本当にやってもらえるのか疑っていたので(笑)、最初はノートを集めました。
生徒を信用していない、というより、自分が高校生だったら国語なんかやってるヒマない!って感じだと思いまして(^^ゞ

あと、余談ですが、ノートを集めたら、ただ検印を押すだけでなく、検印の数を変えてみましょう!
これは私の中学生のときの先生が実際にやっていらっしゃったのをマネしているのですが、ハンコの数を1~3にするのです。
1はとりあえず提出したね、のレベル。
2は普通によろしい、のレベル。
3は素晴らしい!のレベル。
最初にノートを返したときは面白いですよ^^
ただノートを集められただけだと思っていた生徒たちは、他の子と見比べて、
「え? お前3個?」
「私は2個…」
「ってか、このハンコの数ってなんなん??」
とざわめきます(笑)。
で、種明かしをします。
そうすると、「そんなん最初から言っといてよ!もっとちゃんとやったのに」とぶーたれてきます(笑)。
ノート集め2回目からは、前回よりめっちゃ頑張ったノートが見られます^^

と、話が脱線しましたが、国語科としては、

 宿題は最小限に
 授業で完結できる

を目指したいものです。
って、国語科の先生にも同意してもらえないかも知れませんね(^^ゞ
偏差値がべらぼうに高い子たちなら時間をうまくやりくりして、国語もそれなりに家庭学習してくれるとは思います。
中堅私立の子たちは日々あっぷあっぷしている感じで、今以上に無理せえとはよう言えへんというか^^;

もし、授業に集中してもらえない。
と悩んでいる先生がいらっしゃれば宿題を極力出さず授業で完結!
というのはいかがでしょう?
斬新な提案でしょうか(。-▽-。)
実践経験者としては、これが原因で成績が下がることはない、と申し添えておきます。
むしろ全体の足並みがそろって落第を出さずに進められると思います!^^
関連記事
スポンサーサイト

tag : 授業

comment

Secret

プロフィール

ママみーさん

Author:ママみーさん
元国語科の教員です。
高校で教えていました。
古文や現代文が苦手な中高生さんの手助けになればと思い、ブログを始めてみました。
若手教員向けに失敗談や面白エピソードを大公開。
自分もついに母となったので、家庭教育としての読み聞かせの取り組みもご紹介します^^

カテゴリ
ユーザータグ

子育て 授業 絵本 ベビーサイン 言葉 助動詞 

最新記事
参加ランキング
参加ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。