スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラスメイトを出し抜いても無意味!な理由

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ
ご訪問ありがとうございます^^
前回に引き続き、教員時代にすごくすご~く言いたかったことです。
今回は、保護者の皆さまと若手教員の皆さまに向けての記事です。

前回、自分の子には一番になってほしいものだ、という内容の記事を書きました。
その願望自体は悪いことではないのですが、結果を重視しすぎると良くないという理由を上げました。
今回は、「一番になってほしい」という親の気持ちが高じすぎて、クラスメイトを出し抜いてほしいとまで思っている場合のお話です(そんな方はいませんかね^^; )。
一番になってほしいという気持ちになること自体は、親として自然なことなのかもしれません^^
その気持ちを全否定するわけではありませんので悪しからず!
親がその気持ちに流されてしまった場合の、子どもの不利益について述べます。

クラスの雰囲気、その正体とは・・・

kyousitu.jpg Anders Ruff Custom Designs
高校生用の全国模試で、教員用にクラス分析をしてくれるものがあります。
これを知ってしまうと、自分の子だけ~という行動がいかに無意味かが分かります(゚д゚)

次のグラフを見てみてください。

グラフ1 
縦軸が成績、横軸が勉強時間となっています。
厳密には違う言い方をしていたと思いますが、だいたいこんな意味の言葉でした(^^ゞ

模試の結果、クラスの全ての生徒がこのグラフの中に点として表されます。
下の図の①~④に分類されます。

グラフ2 
①・・・成績が良く、勉強時間がしっかり確保できているグループ
②・・・成績が悪いが、勉強時間がしっかり確保できているグループ
③・・・成績が良いが、勉強時間が少ないグループ
④・・・成績が悪く、勉強時間が少ないグループ

どんなクラスでも、①~④全てに生徒が分布しています。
④の生徒がいないクラスというのはほとんどありません。
クラスとしては、①の生徒が多いほど運営しやすくなります。
④の生徒は、まずは何とか②になるようにアプローチします。

問題は③の生徒です。
③の生徒は、そのまま放っておくと間違いなく④になります。
高校生では、勉強をさぼっては成績は維持できないのです。
③の子はもともと頭が良いので、おそらく中学生のうちは何もしなくても良い成績が取れていたのでしょう。
それと同じ感覚で高校生活をスタートさせているのですが、高校1年生の2学期以降は要注意の子たちとなります。

③の生徒に何も手を打たなかった場合、数か月後には④が増えることとなります。
④の子たちの、クラスにおける重力はものすごく大きいです(°_°)
ものすごい重さでぶら下がっています。
④が増えてくるにつれ、もともと①の端っこにいた子たちも引きずられて④に入ってきます。
この段階で、授業の雰囲気がかなり悪くなります。

よくクラスの雰囲気が良い悪いという言い方をしますが、その正体は④グループの増加です。
雰囲気という目に見えないものを、グラフで可視化されるのはありがたいです^^

雰囲気が悪くなる流れとしては、

 ③の子を放っておく
   ↓
 ④が増える
   ↓
 ①の一部が④に流れる
   ↓
 クラスの半数以上が授業についてこられない
   ↓
 授業が楽しくなくなる、居眠りする
   ↓
 クラス全体がだら~んとした感じになる

という感じです。

ちなみに、②の子たちがクラスに悪影響を及ぼすことは絶対にないです。
ただ、めちゃくちゃ勉強しているのに結果につながらず、本人がとてもしんどい思いをしているので、何とかしてあげたい子たちです。
この子たちは、入学当初からめいっぱい勉強していて、時間のマージンがない状態です。
だから、「頑張って」という声かけは無意味です。
すでにめっちゃ頑張っています(;_;)
根気よく、分からないところがなくなるまで付き合ってあげるしかないと思います。
教員はみんな、この子たちの頑張りが報われてほしいと思っています。

親の一言がクラスメイトを敵にする

hukigen.jpg Wesley Oostvogels
教員の皆さまには、以上をクラス運営の参考としていただければ嬉しいです^^
そして、保護者の皆さま。
保護者の皆さまには、考え方を変えてみていただきたいと思います。

成績上位のクラスメイトたち。
この子たちは、授業の雰囲気を良くしてくれます。
自分の子どもより成績の良い子たちに対しては、「いつか抜かしてほしい」ではなく「この子たちがいるからクラスの良い雰囲気が作られている」と思ってみてください♪

子ども同士が「ライバルを抜かしたい」「クラスの中で1番になりたい」と思って、切磋琢磨するのはとても良いことです。
でも、保護者が自分の子のクラスメイトをライバル視することはまずいです。
(ドラマなどではよく見かけますが、現実ではこのような保護者は少ないでしょうか^^;?)
なぜまずいかと言うと、子ども同士が足を引っ張り合う関係になってしまうからです。

「他の子に負けないように頑張りなさい」
このような声かけを親がするとどうなるでしょうか?

小中学生のうちほど親の影響量は絶大ですから、子どもは素直にクラスメイトに負けまいとするでしょう。
この瞬間から、クラスメイトは敵になってしまいます。
こういう考えになると、自分が解けた問題を他の子に教えてあげることは、敵に塩を送ることになりますから、知恵のある子はやりません。
これって、良い雰囲気のクラスとは言えませんよね。

一方、子どもたちが切磋琢磨している場合は、自分が解けた問題を他の子に解説してあげます。
難しい単語の覚えやすいゴロも教えあったりするでしょう。
より難しい問題に、みんなで挑戦していけます。
また、自分の得意な教科を教えてあげて、友達の得意な教科を教えてもらうこともあるでしょう。
他の子も伸びますが、本人も伸びます。
お互いにとても良い影響を与え合います。

子ども同士が仲良く、良い雰囲気を作るためには、保護者が他の子を敵と思わせてはいけないのです。
自分の子が伸びるはずだった力も、ギスギスしたクラスでは伸びないです。
何より、楽しくないクラスで1年2年を過ごさせるのは可哀そうですよね。
クラスメイトは、敵ではなく仲間
子どもたちがそう思って過ごせるように、親は接していきたいものです。

一見、特に問題のないセリフ。
「他の子に負けないように頑張りなさい」
この一言が、子どもにもたらす不利益について考えてみていただきたいです。
言い方やニュアンスの問題もありますので、一概に悪いとは言えないかもしれませんが、このような何気ない一言がもたらす影響について考えてもらうきっかけになれば嬉しいです(*^_^*)
スポンサーサイト

tag : 子育て

子どもにとって一番良い指示とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ
気付けば5月も半ばです(゚д゚)
子連れでのお出掛けには良い時期ですね♪
今日は駆け込みいちご狩りに行ってきました!
いちごの食べ手として意外と戦力になったうちの子でした(笑)。

良い指示とはどんな指示か

sizi.jpg A.Munich
さて、今回は、子どもへの指示の出し方について考えてみます。
親としても、教員としても、良い指示を出したいものですよね。
私の言う「良い指示」とは、通りやすい指示のことではなく、「子どもに考えさせる指示」のことです。
日々自分で考えるクセをつけて、何でも自分で判断できる子になってほしいものです^^
小さい頃からコツコツと「自分で考える」を貯金していくイメージで(笑)。

インターンシップでの失敗

sen.jpg 
私がやらかした様々な事項の中では、失敗というほどでもないのですが、インターンシップでの思い出をご紹介。
10年以上経った今でも覚えているくらいなので、わりと心残りのようです^^;

インターンシップも佳境に入ったあるとき、授業のお手伝いをさせてもらいました。
先生のかわりに、ちょっと教壇でしゃべらせてもらったのです。
対象は2年生でした。

そのときに、
「○○という言葉に線を引いてください」
という指示を出しました。
ごくありふれた指示です。
児童たちは言われたとおりに線をひこうとします。

すると、ある児童がこんな質問をしてきました。
右側にひくの? 左側にひくの?
国語の授業だったので、縦書きの文章だったのです。
単語の右側に線を引くべきか、左側に線を引くべきか迷ったのですね。

私は、次のように答えました。
「右側に引いてね」

しばらくして、こんな質問も出てきました。
もう一回、線を引くの?
数行後に、さっきと同じ単語が登場したのです。

今度は、次のように応えました。
「さっき線を引いたのと同じ言葉だから、引かなくても良いんだよ」

考えたら分かるやん!

warai.jpg John Pretorius
上の2つの質問、皆さまならどう答えますか?

「考えたら分かるやん!」(・Д・)ノ
と、つっこみたくなるような質問ですね。
実は、このツッコミの方が、私の回答よりマシなのです。
私の受け答えでは、子どもに考えることをさせていないのです。

一つ目の質問、線を右に引くのか左に引くのか、は不文律と言っても良いルールですので「右側に引くんだよ」と教えても問題ないとは思います。

二つ目の質問、「もう一回、線を引くの?」が問題です。
線を何度引くのかは、ルールではありません。
自分が決めれば良いことです。
「さっき線を引いたのと同じ言葉だから、引かなくても良いんだよ」というのは、私個人の考えに過ぎません。

良い指示の条件は2つ!

Vsign.jpg Alejandro Martinez.
それでは、どのような指示が最適だったのでしょうか?
インターンシップでの指示と受け答えを振り返ってみました。

最初の指示では、なぜ線を引くのかを説明する必要がありました。
「みんなに覚えてほしい、大切な言葉です」
「覚えやすいように、線を引いておきましょう」
「後から教科書を見るときにも、大切な言葉だったなぁと思い出せます」
こんな感じで説明すると、なぜ単語に線を引くのかが伝わっただろうと思います。

子どもたちからの質問への回答では、良い点と悪い点を説明する必要がありました。
「もう一回、線を引くの?」
と聞かれたら、こんな風に答えてみるのはどうでしょうか?
「同じ言葉が出てくるたびに線を引くと、目立つので覚えやすいですね」
「線を引いた言葉がたくさんあると、後で教科書を見直したときに見づらいかもしれませんね」
このように、何度も線を引くことのメリットとデメリットを示します。

子どもたちは、
「覚えておくべき大事な言葉を、どうやったら覚えやすいか?」
と、自ら考えるようになってくれるのではないかと思い(期待し)ます。

以上、失敗体験の振り返りでした。
というわけで、私が今のところ考える「良い指示」の条件は、
1.指示の理由を明示すること
2.メリットとデメリットを伝える・考えさせる
の2点です。

これを、うちの子に実践してみようと思います^^
実践報告は数年後に出せるかな~と(^^ゞ
どうすれば自分で考えられるようになるか、という子どもへの関わり方を常に模索しています^^;
子どもが自発的に何かをし始めたときは、めちゃくちゃ応援しようと思います!(。>ω<。)ノ

tag : 授業 子育て

課題はこまか~い段階をもうけよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ
そろそろ寝なければならないママみーです。
でも自分の時間もちょっとほしいしな…。
と、頭の中で言い訳をして夜更かししています。

細かいステップを

kaidan.jpg
apenas um olho de vidro..
今回は、子育てにも授業にも使えるちょっとした工夫をご紹介したいと思います!
これは私のオリジナルではなく、なんか偉い本からの受け売りですので、安心して実践してみてください(笑)。

新人の頃に授業を崩壊させてしまい、別の学校に赴任するときに「なんとかしなければ」と色々な本を読んで、今でも頭に残っているもののご紹介です。
本のタイトルは忘れてしまいました。
新しい赴任先の図書室にあった本です(^^ゞ

さて、その内容は…
子どもや生徒たちに課題を与えるときは、最終目標まで細かいステップを設けること!
という教えです。

教える側からしたらほとんど差がなく思えることでも、教わる側にはものすごい段差に感じられるそうです。
1+1
の次にいきなり
3+2
を教えるのは無謀だということです。
これ、教える側からしたら、段差なんてある? と思ってしまうような、些細な差に見えます。

1+1ができたら、次は2+1、3+1、・・・のステップをちゃんと踏んであげる。
1+2、2+2ができるようになったら3+2ができるのだそうです。
なるほど!
〇+1に慣れていないときに、3+2は確かに難しいわ…。

子どもの立場から考えると、目標に到達するまでにものすごーく細かいステップがあるのですねぇ。
ちょっとずつ「できた!」が積み重なり、できた! の過程を楽しみながら、ゴールまで辿り着いてくれるのが理想的なスタイルですね♪

保護者の皆さま、お子さんが何かに取り組まれるときには、少しずつ少しずつできるようになっていかれます。
のんびり見守ることが大事だそうです^^
すみません、全部本の受け売りです(笑)。
お子さんに何かを教えてあげるときには、レベル1から始めて、少しずつレベルを上げていってくださいね~^^

コスパの良いテスト!

若手教員の皆さま、生徒たちに課題を出すときには、どの教科であっても時間の許すかぎり段階を踏んであげてください。
時間は有限なので、できる限りで。
クラスの9割の子がスラスラできるという目安で課題を出されたらピッタリかもしれません。
残り1割の子は、解説を聞いて「なるほど」と思ってくれれば、回数をこなせばついてきてくれるかな??
上位層を手持ち無沙汰にさせてもいけませんし、レベルの設定は悩みどころですが;

私が小テストを作るときに意識していた構成はこんな感じです。
問1~問5は全員できなければならない基本問題。
問6~問8は時間をかけて考えればできる応用問題。
問9・問10は実際の入試問題にチャレンジ!
毎回必ずこの構成でいけるわけではないですけど、できるだけこんな感じにしていました。
もっと小さい規模の小テストの場合は、問9・問10がないバージョンで。

こういう意識で問題を作成しておくと、解説のときにラクなので(^^ゞ
「これは全員できてなあかん問題やで」
「この問題ができた人は力がついてきてるよ~」
「これは○○大学で出た問題やで! できてたら凄い!」
とか言いながら解説できます。
こういう風に解説すると、自分も生徒も緩急つくというか、ダレにくいです。
テストの解説ってかったる~い感じになりがちじゃないですか?
(私の教える実力がないだけかも。)

せっかく多大な労力を使ってテストを作るのなら、めちゃくちゃ効き目のあるものにしたいですよね。
コスパの良いテスト!
これが理想です^^
全員がラクに上っていける階段を作り、たまには上位層が楽しめるくらいの階段を作り…。
大変ですが、見返りは大きいと思います。

tag : 授業

成功したかにみえた授業実践の後日談…

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログへ
日曜日の昼下がり、今日の関西は春らしい陽気です^^
子どもが昼寝中なのでゆっくりコーヒータイムです♪
(この記事記載時は13:00でした~)

さて、昨日ご紹介した改革成功体験ですが実は後日談がありまして(^^ゞ
故意にかくしたワケじゃないんですよ!!(゚Д゚;)
記事が長くなったので切ったんですよ!

成績のつけ方に非常に難儀したというオチ…。
なんせ、文法を1学期間みっちりと叩き込むので、成績下位グループでも結構しっかり仕上がります。
こちらとしても文法は読解の土台となるので、100%近く完璧に使いこなしてほしいんですよね。
そうなると、定期テストでの平均点が90点とかいう驚きのインフラ状態となり得点に差が出ません。
みんな90点とか95点とか取れてる…。
真面目な子は100点取れてる!ヽ(≧∀≦)ノ

それで何が困るかと言うと、ほぼ全員に「」をつけなければならないような事態となります。
さらには、85点取れているのに「3」になるなど、本人や保護者にとって納得のいかない成績となります。

これもベテランの先生に怒られました。
100点取れるテストって何やねんと。
いや~、私としては狙いがありましてですね…
あかん!こんなん非常識や。保護者も本人も納得せんぞ。
確かに…。 すみません…。

みたいなやりとりをして、各クラスの担任の先生に、成績表渡しのときに説明を添えてもらう、というご迷惑をおかけすることとなりました。
幸いにも、その学校は一応進学校であり、内申書での推薦ではなく一般入試突破を狙う高校であったため本人も保護者も高校1年生の1学期の成績をそれほどナイーブに扱っていらっしゃいませんでした。

私としては、

 文法がしっかり身について良かったと思うんやけどな~。
 ただ、成績のつけ方が難しいな~~。

というような結末となりました。

逆に保護者の方にお聞きしたいところですが、やっぱり他とは違う変わった授業をされると不安になるものなんでしょうか?
たしかに、自分が保護者の立場となってみると、その不安を想像できるようにはなりました。
なるほど不安かも…。と。

でも、前回の記事で書いたとおり、一見「問題のない授業」は、ただの伝統の踏襲でしかない漫然としたつまらない授業だということもあるのですよね。
悩ましい問題ですねぇ。
プロフィール

ママみーさん

Author:ママみーさん
元国語科の教員です。
高校で教えていました。
古文や現代文が苦手な中高生さんの手助けになればと思い、ブログを始めてみました。
若手教員向けに失敗談や面白エピソードを大公開。
自分もついに母となったので、家庭教育としての読み聞かせの取り組みもご紹介します^^

カテゴリ
ユーザータグ

子育て 授業 絵本 ベビーサイン 言葉 助動詞 

最新記事
参加ランキング
参加ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。